日本歯周病学会認定医による
歯周病治療
  • 初診時
    *
    *

    歯肉の下に歯石があり、取りにくい状態。このままの状態で歯石を取ると非常に痛いです。腫れている歯肉を傷つけてしまい、歯周病菌が侵入するのでこの状態では歯石を取るべきではありません。まずは除菌治療を行います。

    *
    除菌治療
    *
    *

    歯石がついているのに、歯肉の炎症が治まりました。このことから、炎症の原因は歯石ではなく、歯石の上についていたプラーク(歯垢)でした。歯肉の炎症がひき、隠れていた黒い歯石が見えてきたので患者さんに負担をかけずに簡単に歯石を取ることができます。

    *
    歯石除去
    *
    *

    炎症が治まったのになぜ歯石を取ったかというと、見栄えが悪い事はもちろんですが、歯石の表面は軽石のようにザラザラしているので歯石を取ることによってプラークが付きにくく、取り除きやすい状態になるからです。

治療詳細情報
準備中です
どの歯が当医院で
治療した歯でしょうか?
  • セラミッククラウン&ラミネートベニア
  • 美しく自然な白い歯に
  • セラミック&ダイレクトボンディング
  • 特殊な歯の色の症例
  • 摩耗のある症例
  • ジルコニアセラミックスクラウン
  • 破折症例
ページの先頭へ戻る