Case 08
身体に優しい歯科材料で美しく

*
*
*
Before
*
*
After
POINT
*

身体に優しく、見栄えを改善

*
初診時
「歯科金属を使わずに、身体に合う歯科材料で審美的に治したい」というご要望で来院された患者様の、治療前の口腔内の様子です。
正面からは金属は見えませんが、太い金属のコアが入っており、歯肉の色が悪くなっています。
*
治療後
金属を全く使用しないノンメタル治療のため、身体に優しく、自然な透明感を再現できました。
歯の芯棒がノンメタルのため、歯肉の黒ずみも改善されました。
*
*
*
*
*
*
拡大しても、見分けられますか?
*

治療詳細情報を見る

治療詳細情報を閉じる

主訴 歯科金属を使わない、身体に合う歯科材料で審美的に治したい
担当医 中垣直毅
治療期間 セラミックス治療 半月
治療回数 審美性を追求した精密セラミックス治療 3回
治療内容 金属に陶材を焼き付けた冠が入っていた
コア(芯棒=土台)にも金属が使われていたので冠を外して、コアを除去し、金属を使わないグラスファイバーコアで支台築造を行い、ジルコニアセラミックスクラウンで審美的に修復を行った。
金額
  • ・非金属のグラスファイバーコア:2万円 +TAX
  • ・審美性を追求したジルコニアセラミックスクラウン:18万円 +TAX

合計:20万円 +TAX
(レギュラータイプのジルコニアセラミックスクラウン 13万円 +TAX)

リスク セラミックスは歯ぎしりや外傷など過度の力、衝撃でかけたり、割れたりすることがあります。
掃状態が悪かったり、食生活が悪いと歯周組織の状態が悪化したり、2次虫歯になる危険性があります。
日頃の清掃と食生活に気を付けて科医院でのケアーを受けてください。
歯ぎしりが強い方は就寝時に歯ぎしり防止のマウスピースの着用をお勧めします。

※ 治療費の設定は治療を行った当時の金額です。現在の金額とは異なる場合がありますので予めご了承ください。

どの歯が当医院で
治療した歯でしょうか?
  • セラミッククラウン&ラミネートベニア
  • 美しく自然な白い歯に
  • セラミック&ダイレクトボンディング
  • 特殊な歯の色の症例
  • 摩耗のある症例
  • ジルコニアセラミックスクラウン
  • 破折症例
  • 身体に優しい歯科材料で美しく
ページの先頭へ戻る