ノンメタル治療とは

本来、生まれてきたときに口腔内には存在しなかった歯科金属を取り除き、
セラミックスやジルコニアなどの非金属の生体親和性に優れた
アレルギーを起こさない安全な歯科材料に置換していく治療です。
見栄えが良くなるだけではなく、身体も健康になります。
当院は歯科材料と噛み合わせにこだわった、
身体をより健康にする歯科治療を目指しています。

Before
*
After
どの歯が当医院で
治療した歯でしょうか?
  • セラミッククラウン&ラミネートベニア
  • 美しく自然な白い歯に
  • セラミック&ダイレクトボンディング
  • 特殊な歯の色の症例
  • 摩耗のある症例
  • ジルコニアセラミックスクラウン
  • 破折症例

Case 01
セラミックスクラウン&
ラミネートべニアによる審美性の回復

*
Before
*
*
After
ノンメタル治療
施術内容 セラミッククラウン
ラミネートベニア
POINT
*

見栄えの改善

*
初診時
「見栄えを良くしたい」というお悩みで来院された患者様の、治療前の口腔内の様子です。
中央の2歯はセラミックスクラウンの補綴物(かぶせ物)ですが、歯肉退縮により形が適合しておらず、色調も不調和です。
こちらを、当院で製作したオールセラミックスクラウンに置き換えます。
また、左右それぞれの2歯も、色・形ともに審美性を欠いています。こちらも合わせて審美性の回復を行います。
*
*
治療後
歯の形態・色調・咬合平面の改善を行い、「見栄えを良くしたい」という主訴が解決されました。
金属を一切使用していないため、歯肉の色も美しくなり自然な感じで再現することができました。
Recovery 01
歯肉退縮による不適合と
色調不調和を改善
*
*
*

ノンメタルのオールセラミッククラウンを入れることで、歯ぐきのラインもきれいになりました。
当院では補綴物(かぶせ物)色味調整は、精密なデジタル機器による診断と、経験豊富な歯科医師の目視による診断、両方を合わせて行います。それにより、天然歯に迫る審美性を実現しています。

*
*
*
*
*
*
「歯科医師の熟練の技術と経験」「デジタルによる精密な調整」
Recovery 02
咬合平面のずれ(ゆがみ)を改善

初診時

*

初診時には、咬合平面(噛み合わせの高さ)のずれ(ゆがみ)もありました。顔の中央に線を引いてみると、正中もずれていることが確認できます。中央2歯のノンメタル治療時に、このずれ(ゆがみ)も解消しました。
左右の目を結んだ線と咬合平面が平行となり、正中のずれ(ゆがみ)もなくなりました。

*
*
身体の歪みも考慮した精密な治療「咬み合わせ認定医による治療」
Recovery 03
左右それぞれの
2歯の審美性を改善
*
*
ラミネートベニア
「ラミネートベニア」という手法で、左右それぞれの2歯の審美性を改善しました。
歯の表面を少しだけ削り、その上に貝殻上のセラミックを接着させる方法です。ネイルアートで用いられるつけ爪のようなものです。

治療詳細情報を見る

治療詳細情報を閉じる

主訴 口元を美しくしたい
歯科金属を外して、身体に合う歯科材料に変えたい
担当医 中垣直毅
治療期間 歯周治療 3カ月
審美性を追求した精密セラミックス治療 半月
合計3ヶ月半
治療回数 歯周治療 10回
セラミックス治療 3回
治療内容 歯周組織の改善の為に歯周治療を行った。
審美性を追求したシェードテイキング(色合わせ)を行い、
技工士による審美性を追求した精密なセラミックスにより治療を行った。
金額
  • ・審美性を追求したジルコニアセラミックスクラウン:18万円×2本 +TAX
  • ・審美性を追求したセラミックスラミネートべニア:18万円×4本 +TAX

合計:108万円 +TAX
(レギュラータイプのジルコニアセラミックスクラウン 13万円 +TAX)
(レギュラータイプのセラミックスラミネートべニア 13万円 +TAX)

リスク セラミックスは歯ぎしりや外傷など過度の力、衝撃でかけたり、割れたりすることがあります。
清掃状態が悪かったり、食生活が悪いと歯周組織の状態が悪化したり、2次虫歯になる危険性があります。
日頃の清掃と食生活に気を付けて歯科医院でのケアーを受けてください。
歯ぎしりが強い方は就寝時に歯ぎしり防止のマウスピースの着用をお勧めします。

※ 治療費の設定は治療を行った当時の金額です。現在の金額とは異なる場合がありますので予めご了承ください。

どの歯が当医院で
治療した歯でしょうか?
  • セラミッククラウン&ラミネートベニア
  • 美しく自然な白い歯に
  • セラミック&ダイレクトボンディング
  • 特殊な歯の色の症例
  • 摩耗のある症例
  • ジルコニアセラミックスクラウン
  • 破折症例
ページの先頭へ戻る